〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯周病を放置すると認知症に‼️

2021年02月01日

歯周病が全身疾患の発症や進行に多く関わっている事は色々な研究でエビデンスがでてきており周知の事実となってきました。認知症の発症もその例に漏れません。

歯周病予防は認知症予防に有効‼️


さて、歯周病がどのように認知症の発症に関わるのかを紐解いていきましょう。まずは歯周病で歯が無くなり歯のかみ合わせがなくなると噛むという行為による脳への刺激がいかなくなり機能障害として認知症が出るという考えです。この考え方はだいぶ以前から言われていた事ですがこの説に加え歯周病菌が認知症の原因物資であるアミロイドβというタンパク質を脳内に蓄積させて認知症を発症させるという新たな説が追加されました。

歯周病菌がアルツハイマー型認知症の原因物資、アミロイドβを作る


先日、九州大学の研究チームの発表によると、マウスに歯周病菌を投与したところ、アルツハイマー型認知症の原因物質であるタンパク質「アミロイドβ」が、投与していないマウスに比べて約10倍検出され、記憶力も低下したという実験結果を公表して話題となりました。
歯周病を予防していつまでも心身共に健康的な生活を送れるよういまから始めましょう、予防歯科!



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。