〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

048-998-7821
インターネット予約

TOPへ
戻る

こども医療費助成制度のご案内

八潮市じゃないところに住んでいるお友達がいるんですけど、子供が歯医者さん嫌いで困っているらしくて・・・。

おお、それは、ぜひうちの医院に来て「歯医者さんって楽しい!」って思えるようになってほしい!!

ですよね!
なので、キッズスペースの写真を見せたら「ココなら行っていい!」と子供が言ったそうです。
でも、友達は「隣町だからお金払わなきゃならないかも」と躊躇しているんです。
自分の住んでいる自治体以外の病院にかかる時って、窓口で費用負担しないとならないんですよね…。

大丈夫!
他の自治体のお子さんでも、いったん窓口で支払ってもらって、後から払い戻しできる。
各自治体の「こども医療費支給申請書」と領収書を役所に出すと、後から支払いした分が戻ってくる仕組みがある。

え~~!そうなんですね!知らなった!
何ていう仕組みなんですか?

「こども医療費助成制度」っていうんだ。
ちょっと手間はかかるけど、歯医者さんに来るハードルが下がることが第1だよね。
申請書は、ホームページからダウンロードできる自治体が多いよ。
このページの下部に、各自治体の申請用紙ダウンロードのリンク先を設置したから見てみてね。

ならばさっそく友達に伝えます!
先生、教えてくれてありがとうございます!

 

 

「こども医療費助成制度」とは?

子どもを産み育てる環境整備の一環として、子どもの健やかな成長の支援と、子育て家庭の経済的負担の軽減を目的に、こども医療費の助成制度が各市区町村にあります。
近隣のそれぞれの自治体にお住いの方は、いったん窓口でのお支払いしていただきますが、申請書と領収書を送ることで費用が戻ってきます。
(八潮市にお住いのお子様は、中3まで窓口の支払いは不要です)

 

八潮市在住のお子様はもちろん、八潮市以外の市区町村からお越しの患者様にも安心して受診していただけるよう、こども医療費助成制度について知っていただきたく、ご案内いたします。
ぜひご利用ください。
※下記のマップをクリックすると、各自治体のこども医療費助成制度のページにリンクします。

 

 

yashio soka misato koshigaya yoshikawa adachi matsudo matsuhushi nagareyama

 

 

八潮市、および近隣自治体の「こども医療費助成制度」案内ページと「申請書」

八潮市と、その近隣の子供医療費の助成制度のページと、申請書ダウンロードのページをまとめました。
それぞれの自治体によって詳細が違いますので、各ページをご参照ください。

 

八潮市

こども医療費の助成⇒こちらをクリック

※レアレア歯科矯正歯科クリニックは、八潮市にある歯科医院ですので、八潮市に住む中学校3年生までのお子さんの医療費の窓口負担はありません。

 

草加市

こども医療費支給制度⇒こちらをクリック

こども医療費支給申請書様式(PDF形式)⇒こちらをクリック

 

三郷市

こども医療費>医療機関にかかるとき(市内・市外)について⇒こちらをクリック

こども医療費支給申請書⇒こちらをクリック

 

越谷市

こども医療費支給制度⇒こちらをクリック

こども医療費受給申請書(償還用)⇒こちらをクリック

 

吉川市

子ども医療費支給制度⇒こちらをクリック

子ども医療費支給申請書 ⇒こちらをクリック

 

足立区

子ども医療費助成制度(マル乳・マル子医療証)について⇒こちらをクリック

子ども医療助成費支給申請書⇒こちらをクリック

 

松戸市

子ども医療費助成制度⇒こちらをクリック

子ども医療費助成金交付申請書⇒こちらをクリック

 

流山市

子ども医療費の助成⇒こちらをクリック

子ども医療費助成金交付申請書(償還払い)⇒こちらをクリック

 

松伏町

こども医療費助成制度について⇒こちらをクリック

こども医療費支給申請書⇒こちらをクリック

 

 

「歯医者さんが大好き!」というお子さんが一人でも多くなることが私たちの願いです

お口の健康は、全身の健康につながります。
こどものうちに歯を大事にする習慣をつけることで、大人になってからも自分の歯を大事にする習慣が継続し、それが健康の源になります。
大事なお子さんの健やかな成長と、健康で幸せな人生を送るお手伝いを、八潮市のレアレア歯科矯正歯科クリニックができれば、本当に幸いです。