〒343-0816 埼玉県八潮市中央 1-29

お問い合わせは

048-998-7821


 外来  9:30〜13:00/14:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

TOPへ
戻る

048-998-7821
インターネット予約

TOPへ
戻る

抜けた歯をどうしよう①~インプラント

父が歯が抜けてどうしようか悩んでいます。

そうなんですね。
歯が抜けた後の治療法は、インプラント、ブリッジ、入れ歯と3種類あります。
インプラントは、自然の歯に近い人工の歯を入れるので、自然で、食事も美味しくできますよ。

でもインプラントって、なんだか怖いんですけれど・・。

そうですよね。確かに、知らないことは怖いことです。
ブリッジや入れ歯との比較治療の進め方Q&Aをまとめたので、知ることでその不安を少しでも減ると嬉しいです。
もちろん、わからないことは直接相談に来てください。

わかりました!父に伝えます!

 

 

歯が抜けた後の治療法メリット・デメリット

歯の抜けた状態では、うまく話すことができない、食べ物を噛むのが大変など、さまざまな悪影響が生じます。

永久歯を失ってしまったら、その部分をきちんと治療して補い、手入れをしていくことが大切です。

それぞれの治療のメリットデメリットをまとめました。

 

01放置

 

メリット

ありません

デメリット

抜けた歯の上下左右の歯が動いてしまう

対合する歯が浮いて弱くなる

噛む機能が低下する

発音障害 審美性(見た目)が悪い

アゴの骨がやせる

 

 

02ブリッジ

 

メリット

かぶせ物を選べば審美性は良好

自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない

デメリット

左右の健康な歯を削らなければならない

支えになる歯は負担が大きい

抜けた歯の部分のアゴの骨がやせてしまう事がある

食べ物カスがつまりやすく、不衛生になりやすい

治療費用

保険適用あり

使用材料により適用外のものあり、数10万かかる

 

 

03入れ歯(義歯)

 

メリット

一般的な治療の為、比較的簡単に治療が受けられる

取り外しができる為、自分での歯みがきが難しい方にはよい

デメリット

痛みを伴う事がある

バネの架かる歯は、負担が大きい

食べ物カスがつまりやすく、不衛生になりやすい

固い物やお餅は、噛むのに苦労する

発音がしづらい

取り外して手入れをする必要がある

治療費用

保険適用あり

使用材料により適用外のものあり、数10万かかる

 

 

04インプラント

 

メリット

自分の歯のような感覚で噛む事ができる。

噛む力、味覚が低下しない

周囲の健康な歯を傷つけない

審美性が良い

しっかり固定されると、アゴの骨がやせるのを防ぐ

デメリット

歯を抜く場合と同程度の手術が必要

体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療できない場合がある

インプラントをアゴの骨に埋めるので細菌感染には十分な注意が必要

正しいブラッシングと定期健診で長く維持可能

治療費用

保険適用外

 

 

 

 

どうやって治療を進めるの?

 

 

01審査と治療計画

インプラント治療が可能かどうか?を診断し、治療計画を立てます。

 

02インプラント手術

歯根に相当する部品(フィクスチャー)を、アゴの骨に埋入(まいにゅう)する手術を行います。

 

03治癒期間

3~6ヶ月間、骨とインプラントがしっかり結合するまで待ちます。

 

04人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の型取りを行ない、人工の歯を製作し、アバットメント上に装着します。

 

05メンテナンス

適切なホームケアと定期健診を行います。

 

インプラントQ&A

分からないことは怖いことです。

少しでもインプラントのことが分かるように、よくいただく質問をQ&Aにまとめました。

 

Qインプラントはいつから噛めるようになりますか?

A手術後2ヵ月が目安で、人工の歯を被せて噛めるようになります。

インプラントが入るまでの2カ月間も、基本的には抜歯と普通の食生活をすることができます。

(使用するインプラントの種類や埋入する場所、顎骨の状態、手術の経過によっても異なりますので、詳しくはお尋ねください。)

 

Qどのくらい持つのでしょうか?

A正しいブラッシングと定期健診をしっかり受けることによって、15年以上良好に維持されている患者さんもたくさんいます。

正しいお手入れが、インプラントを長持ちさせることにつながります。

 

Q治療のとき、入院するのでしょうか

A普通のインプラントの手術では、入院する必要はありません。

手術直後は抜歯をした程度の安静が必要です。

しかし、患者さんの健康状態や治療する本数などによって、入院して手術をする場合もあります。

 

Q費用はどのくらいかかるのでしょうか

A費用は、手術代・インプラント代・インプラントに被せる人工歯代の合計です。

治療する本数や場所により費用は異なります。

治療計画と費用、支払方法についてはご相談してください

 ※インプラント治療は健康保険が使えませんが、医療費控除の対象になります

 

Qインプラント治療は痛いのでしょうか

A歯を抜く場合と同程度とお考えください。
麻酔をするので、痛みに耐えながら治療を行うことはありません。

 

Q治療ができる年齢などの制限はあるのでしょうか

A年齢性別の制限はありません。

85歳の高齢者がインプラント治療を受けて、自然に噛めるようになった例もあります。

患者さんの健康状態やアゴの骨の状態によって、治療ができない場合があります。

 

Qインプラントを入れた後のお手入れは、どうすればいいのでしょうか?

インプラントにした後は、ご自身の歯以上に日頃のケアが大切です。

ご自身での毎日のケアと、定期的なプロフェッショナルのケアが必要不可欠です。
八潮のLeaLea歯科矯正歯科クリニックが、患者様と二人三脚でのケアで、インプラントを長持ちさせるお手伝いを致します。

 

「こんなこと聞くのは恥ずかしい」
「実際のところ、どうなんだろう?」

当院には、口腔外科専門医・指導医もおります。

分からないこと、不安なこと、費用のこと、是非一度ご相談下さいませ!

 

 

電話から

 

 

インターネットから