〒343-0816 埼玉県八潮市中央 1-29

お問い合わせは

048-998-7821


 外来  9:30〜13:00/14:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

TOPへ
戻る

048-998-7821
インターネット予約

TOPへ
戻る

銀歯でなくて、白い詰め物・かぶせものにしたい

笑ったときに、銀歯が見えるのが気になってるんです・・。

自然の歯みたいに見える素材が、日々開発されています。

前歯か?奥歯か?によって、最適な素材は変わってきます。

ただ硬いだけでは、向いの歯に負担を掛ける事もあるし、自然に見せるためには透明度も大切なポイントです。

そうなんですね!・・でも、費用が心配です。

保険で入れられる白い歯もあります。

費用の事も、素材の事も、どうぞお気軽にご相談ください。

では、白いかぶせ物・詰め物の種類を一緒に見ていきましょう!

 

 

1. 保険で白い歯~CAD/CAM(キャドカム)ハイブリッドクラウン

歯科用CAD/CAM(コンピュータ制御された機械で、かぶせ物・詰め物をつくる)システムを用いた、ハイブリッドレジンによるかぶせ物が保険適用になりました。

自費の白い歯と比べると、強度も審美性も劣りますが、少しでも銀歯を減らしたい方や金属アレルギーが心配な方にはおすすめです。

 

CAD/CAM冠ハイブリッドクラウン(保険の白い歯)のメリット

 

 

●保険適用なので安い
●白い
●金属アレルギーを起こさない

 

CAD/CAM冠ハイブリッドクラウンのデメリット

 

●前から4,5番目の歯(第一小臼歯、第2小臼歯)にしか使えない
●色調が単調で透明感がない
●経年で変色する
●強度が低く、金属冠に比べ割れやすい(歯ぎしりや噛む力の強い方には不向き)
※壊れた場合、当院では保険適用外で強度のあるものでの再製作をお勧めしてます。

 

保険の白い歯が入れられる場所

●犬歯のすぐ後ろの2本の臼歯(赤い部分⇒4番:第一小臼歯、5番:第二小臼歯)
●その後ろの歯(黄色い部分⇒第一大臼歯)も下の歯で下記の条件に限りOK
1.上下両側の第二大臼歯(7番)があり、左右の噛み合わせがしっかりと存在する方
2.適度な噛み合わせ圧の方

 

●4(5)6のブリッジの4の表側

 

 

※ハイブリットレジン全ての歯が保険適用ではありません

 

 

2.自費の白い歯e.max(いーまっくす)

素材に縛られず、自分で納得の行く詰め物・かぶせ物を選びたい場合は、セラミックにするという方法があります。

八潮のLeaLea歯科矯正歯科クリニックでおすすめしているのは、e.max(いーまっくす)というオールセラミック(芯までセラミック)です。

 

メリット

●メタルボンド(金属の土台の上にセラミックをくっつけたもの)に比べ、4倍の強度
●透明度も高く、審美性がよい
●ブラックマージンやアレルギーの心配がない

 

当院施術例

 

 

※治療の効果には個人差があります。

 

 

※治療の効果には個人差があります。

 

 

※治療の効果には個人差があります。

 

 

※治療の効果には個人差があります。

 

 

※治療の効果には個人差があります。

 

 

※治療の効果には個人差があります。

 

 

※治療の効果には個人差があります。

 

3.様々な白い歯の素材の比較

見た目も機能を大事にした歯科治療で使用される素材には、様々な種類があります。
こちらでは、八潮のLeaLea歯科矯正歯科クリニックで取り扱える素材をご紹介します。

 

前歯に向いている白い歯の素材

「白い歯にしたい」という需要が最も高いのが、前歯の治療です。
笑った時、話をする時、一番目立つのが前歯です。

前歯には、以下のような素材が使用されています。

 

種類

特徴

ジルコニア
(メタルフリー)

セラミック製の素材で、見た目や質感が最も自然の歯に近いのが特徴です。変色しにくく強度も強いため、耐久性にも優れています。

eマックス
(メタルフリー)

ニケイ酸、リチウム、ガラスセラミックでできた素材で、透明感があり、自然の歯に近い見た目に仕上げられます。

また、金属を使用していないため金属アレルギーがある方でも安心です。

メタルボンド冠

白金+金、セラミックでできた素材で、経年による変色の心配がありません。ただし、金属アレルギーがある方は注意が必要です。

レジン前装鋳造冠

銀合金で出来た素材です。目に見える部分を白くすることは出来ますが、色の調整をしたり、透明感を出したりすることは出来ません。また、経年により変色することがあります。

ファイバーコア

グラスファーバーで出来た素材で、硬度が本物に近いため、歯の根元部分に負担をかけません。オールセラミック冠と合わせて使用することで、より美しい仕上がりが期待できます。

 

奥歯の「かぶせ物」に向いている白い歯の素材

 

種類

特徴

ジルコニア
(メタルフリー)

セラミック製の素材で、見た目や質感が最も自然の歯に近いです。また、変色しにくく強度も強いため、耐久性にも優れています。

eマックス
(メタルフリー)

透明感があり自然の歯に近い見た目に仕上げられます。また、金属を使用していないため金属アレルギーがある方でも安心して治療を受けていただけます。

メタルボンド冠

経年による変色の心配がありません。ただし、金属アレルギーがある方は注意が必要です。

保険銀合金

銀合金で出来た素材で、一般の歯科治療において使用されています。銀色なので美容的に劣っているのと、金属製であるため、対面歯を傷つける可能性があります。

 

奥歯の「詰め物」に向いている白い歯の素材

 

種類

特徴

eマックスインレー

自然の歯に近い見た目であるうえ透明感もあるため、より自然に仕上げることができます

保険銀合金

一般の歯科治療で多く使用されます。銀色なので見た目が美しくなく、金属アレルギーが起こるリスクもあります。

 

白い詰め物・かぶせ物の比較

詰め物・かぶせ物は、以下の5種類です。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、その特性を理解し選択することが大事です。

分からないことは遠慮なく当院スタッフまでお尋ね下さい。

 

 

金属冠

CAD/CAM冠

メタルボンド冠

E-MAX冠

ジルコニア冠

審美性

強度

金属アレルギー

保険適用

患者様負担額

安価

安価

86400円

108000円

129600円

 

 

 

電話から

 

 

インターネットから