〒343-0816 埼玉県八潮市中央 1-29

お問い合わせは

048-998-7821


 外来  9:30〜13:00/14:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

TOPへ
戻る

048-998-7821
インターネット予約

TOPへ
戻る

なかなか治らない口内炎~口腔がん

口の中にも、ガンが出来るんですか??

そう、舌ガンなど口の中に出来るガンの総称が口腔ガンなんです。

症状としては、口腔内の痛み、しこり、腫れ、ただれ、出血、口臭があります。

日本では、年間約7000人が口腔ガンになり、死亡者数も3000人を超え右肩上がりで増えています。

最近、ニュースになってましたよね・・。

口腔ガンは認知度が低く、発見が遅れるケースがとても多いのです。

舌や歯肉の盛り上がり、硬いしこり、なかなか治らない口内炎は要注意です。

歯医者さんで診断できるから、気になる症状は本当に聞きに来てほしいです。

 

 

 

口腔ガンチェックリスト

 

 

1年に1回の口腔ガン検診をおススメします

他部位のガン同様、口腔ガンも早期発見すれば、簡単な治療で治り、後遺症もほとんど残らず、5年生存率が90%を上回るとの報告もなされています。
(通常、ガンになるまで5年~10年はかかります。下記図参照)

1年に1回口腔ガン検診を受診し、早期発見・早期治療が一番大事なのです。 定期検診している方、一般の検診では見つからない場合も多いので、一年に一回が必ず口腔がん検診を受けてください

引用元:口腔ガン撲滅委員会

 

口腔ガン検診をするべき「3つの理由」

 

口腔ガンは増えている

長く続く口内炎と勘違いされるため、口腔ガンの発見は見逃がしがちです。

口腔ガンの認識が薄いので「見つかったときはもう手遅れ・・」という状況もあるのです。

 

致死率がアメリカより2.5倍高い(日本は46.1%、アメリカは19.1%)

検診の習慣がないので(アメリカは実質的に検診があります)、見つかった時にはすでにステージが進んでいることが多く、致死率が高いのです。
先進国で唯一、日本だけが口腔ガンの死亡数が増加しています。
日本の口腔ガンの死亡率は、全部位中の第10位で、死亡率はアメリカの2.5倍以上です。また、口腔ガンは、舌や頬やアゴを切ることになる悲惨な「ガン」です。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ: quality of life)が著しく下がるので、自殺率が高くなります。

 

口腔ガンの原因は「合わない入れ歯(義歯)」や「かぶせ物」

「いつも口の中を傷つけるものがある」のも口腔ガンの原因のひとつです。

口腔ガンの主な原因(症例から)

・歯列不正(歯並びが悪い)、義歯不適(入れ歯が合わない)
・う蝕(虫歯)・歯周病、詰め物・被せ物不適
・舌小帯付着異常(舌の裏の紐のような部分が短い方は要注意)
・アマルガム(金属の詰め物)
・口内炎(10日くらい経過しても治らない場合は要注意)
・歯列不正(歯並びが悪い)
・義歯不適(入れ歯が合わない)
・HPV(ウィルス)
など

引用元:口腔ガン撲滅委員会

 

口腔ガンの自覚症状

 

自覚症状としては以下のものがあります。

・痛い
・しびれている
・しみる
・噛みづらい
・飲み込みにくい
・しこりがある
・話しづらい
・アゴや舌を動かしにくい
・違和感がある
・口内炎が続いている
・首のリンパがすっと腫れている

 

目に見える症状としては、以下の通りです。

・舌や粘膜の色がおかしい
・しこりがある、ザラザラした突起や潰瘍がある

 

口内炎とどこが違うの?

口内炎は、1ミリくらいの小さいものから1センチくらいのものまでありますが、大体2週間くらいで治ります。

2週間以上治らないときは、注意が必要です。

 

口腔ガン検診の基本的な流れ

他部位のガンのように大掛かりな検査はなく、所要時間は約30分程度です。

問診票の入力(記入)(5分)

 

視診・触診(5分)

 

検診・口腔内蛍光観察装置を使った観察・写真撮影(10分)

 

カウンセリング(10~15分)

 

検診後、受診者の方に口腔内の状態をわかりやすくご説明します。

なお、異常があった場合は、スタッフと共に治療計画を立てて治療へ移ります。

また、継続して、年に1回は口腔ガン検診・口腔健診を受けましょう。

 

出典:口腔ガン撲滅委員会