〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

もっとも多く見られる口内炎
アフタ性口内炎とは?

2021年10月25日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

口内炎の中でも、もっとも多く見られる口内炎、アフタ性口内炎について解説致します。まずアフタ性口内炎の好発部位は頬の内側や舌、唇や歯ぐきの粘膜で形状は境界がはっきりしており表面が白または黄色の膜で覆われ、周りが赤くなった状態です。

症状は痛みやしみを伴います。とくに食べ物が触れたりお醤油などがあたると強烈に痛みます。経過はほっておいても1〜2週間程度で自然に治ってきますが不快感を早く取り除きたい場合はやはり歯科医院で治療を受けて下さい。治療は軟膏、シール、レーザー治療などがあります。最後に口内炎の原因としては栄養バランスや生活習慣の乱れによる免疫力の低下や歯みがきで傷つけた、あわない義歯を使っている。粘膜を噛んだ、火傷などから口内炎ができてしまいます。また、ビタミンB群の不足や加齢、ストレスによるドライマウスで唾液が減少する事によりできやすい環境になってしまうこともあります。口内炎と思われる状態で一番気をつけていただきたい事は2週間以上たっても口内炎が治らないケースです。先程申し上げた通り口内炎は1〜2週間でほとんどの場合治ります。それは粘膜の組織の再生(ターンオーバー)がそのサイクルで動いているからです。2週間以上治らない場合は他の疾患を疑う必要が出てきます。必ず歯科医院を受診するようにしてください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。