〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

インプラントってどのくらいもつの?

2021年03月25日

インプラントの寿命について解説してみたいと思います。インプラントの寿命は一般的に10〜15年といわれていますが中には30〜40年と長く持つ方もいらっしゃいます。

ブリッジの寿命が8年、入れ歯が5年に比べるとインプラントの方が成績は優秀と言えるのではないでしょうか?
ちなみにインプラントの10年残存率をみてみると患者さんのメンテナンスの仕方や全身状態、噛み合わせの状態、インプラントをした場所、状況などによって変わってきますが平均して上の場合は90%前後、下の場合は95%前後になっているようです。上の方が下に比べて若干成績が悪いのは、上の方は上顎洞や鼻腔などがありインプラント体を埋められる骨の量に制約ができることが多く固定源を充分に得られにくい事や下顎の骨は緻密骨、上顎の骨は海綿骨といって上の方が骨が軟らかいことに原因があります。

インプラントの寿命を縮める最大の要因はインプラント周囲炎といって歯の清掃不良が原因でインプラントの周囲に細菌感染をおこしインプラントを支える骨を溶かしてダメにする歯周病のような病気になる事です。
また、他には噛み合わせが悪かったり歯ぎしりや食いしばりが強い方は、インプラントを支えている骨に必要以上の負荷がかかりインプラントをダメにするケースも有ります。また、タバコを吸う方もインプラントの寿命にとってはリスク要因となりますので注意が必要です。

インプラントの周りの骨が溶けるインプラント周囲炎
タバコはインプラントにとってリスク要因


せっかく高いお金を支払ってオペまで受けて手に入れたインプラントですのでできるだけ長く持たせるためにもしっかりメンテナンスを継続していきましょう。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。