八潮の歯医者。昼休みなしで診療しているLeaLea歯科・矯正歯科クリニック。

〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

インプラントも歯周病にかかる?インプラント周囲炎のお話し

2021年04月19日

インプラントも歯周病にかかるというテーマでお話ししたいと思います。
インプラントの10年生存率の全国平均は、約95%といわれていますがインプラントをダメにする原因の多くがインプラント周囲炎と言われるインプラントの歯周病のようなものによるものです。
インプラント周囲炎とは、インプラント周辺組織が歯周病に感染したような状態になることを言います。まさにインプラントの歯周病と言える状態です。

インプラントをダメにするインプラント周囲炎


気をつけないといけないのは歯周病はゆっくりしたスピードで進行していきますがインプラント周囲炎は一度細菌感染を起こすと骨吸収が急速に進行し、自覚症状もないまま重症化していくケースも多いということです。最悪、インプラント撤去をせざるを得なくなる場合や自然に抜け落ちることもあるので注意が必要です。
インプラント周囲炎は歯周病と同じく清掃不足が原因でインプラント周囲に歯周病菌が増殖することによって引き起こされます。またその他、全身的な病気や生活習慣とも発症が関係していますのでリスクファクターとしてはコントロールされていない糖尿病やタバコなどがあげられます。

喫煙はインプラント周囲炎を引き起こすリスクファクター、インプラントを長く持たせる為に禁煙をお願いします。


では、インプラント周囲炎を予防するにはどうしたら良いか、ご自宅でのブラッシングだけでなく、歯科医師、歯科衛生士による定期的なメンテナンスを必ず受けてもらいたいと思います。それと糖尿病の管理や禁煙を心がける事も大事です。せっかく入れたインプラント長く持つように大切にしましょう。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。