〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

インプラント治療におけるCT撮影の意義

2021年12月14日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

インプラント治療におけるCT撮影の意義について解説いたします。


以前はお口全体を2次元的に写すことができるパノラマレントゲンの情報だけで歯科医師の勘と経験をもとに、インプラントが行われていました。今でもそういう先生も、いらっしゃるかもしれません。

しかしながらインプラントを行う上でより安心安全で確実性を追求するならCT撮影は必須の検査であると言えます。
パノラマレントゲンが2次元の画像であることに対して、CTは3次元の画像ということになります。よって骨の厚みや血管、神経の位置関係を立体画像で確認することができるので埋入位置の決定や手術後の神経麻痺などのトラブルを回避するのに役立ちます。
CTを導入することにより様々なメリットがあるため、日本の歯科医院でも普及がどんどん進んできていますが一般的な歯科医院では、CT設置普及率が全体の数パーセントにしか過ぎないと言われています。そのため、CTを設置していない歯科医院ではCTを設置している大学病院や大きな歯科医院に撮影の為だけに患者さんに行ってもらわなければなければならないということもあり患者さんに不便をかけてしまうことになります。
より安全安心なインプラント治療を受けたいと希望されるのであれば、院内に歯科用CTが設置されているかどうかがクリニックを選ぶ際のポイントの一つとなると思いますので参考にしてみてください。