〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

インプラント治療のメリット、デメリット

2021年12月12日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

インプラント治療のメリット、デメリットについて解説いたします。

インプラントによる修復

虫歯や歯周病で失った歯を補う方法の一つとしてインプラント治療があるわけですがメリット、デメリット双方がありますのでしっかり理解した上で患者さんにあった最適な方法を選択していただきたいと思います。まず、メリットとしては入れ歯のような鬱陶しさや煩わしさがなく自分の歯に近い機能や審美性の回復が可能です。

入れ歯による修復

また、ブリッジのように抜けた歯の両隣の健康な歯を削ることなく修復できるなどのメリットがあり、健康長寿社会において審美性、快適性が求められる風潮の中、インプラント治療はそれらの要望に応えられる大変優れた治療法と言えます。

ブリッジによる修復

一方、デメリットとしては手術が必要である、治療期間が長い、保険が効かないため自費診療となり治療費が高額になる、などのデメリットがあります。高い費用をかけてどのくらい持つのと思われる方も多いと思いますが昨今は技術の進歩によりインプラントの治療成績は年々上がってきております。10年間のインプラント残存率は、部分欠損の上顎は91%前後、下顎は96%前後、無歯顎の上顎は80%前後、下顎は97%前後になっています。下顎より上顎の方が残存率が悪いのは骨の性状が海綿骨でやわらかく上顎洞や鼻腔があるためインプラント体を埋入できる骨の量が少ないことに起因しています。これはあくまでも平均であってメンテナンスをしっかり行うことで寿命は確実に伸びます。インプラント治療を受けるには一時的に費用がかかりますが10年、20年と快適な食生活を送れることを考えると皆さんは如何お考えになるでしょうか?是非これらのメリット、デメリットを踏まえたうえでご検討いただければ幸いです。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。