〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

ストレスと歯軋りの関係

2021年10月04日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

ストレスと歯軋りの関係について解説いたします。

歯軋りによってすり減った歯

歯軋りは歯のみならず全身にも悪影響を及ぼします。まず、歯に対する悪影響とは、歯軋りによって歯が擦り減ったり割れたりする可能性がある事、また歯を支える歯周組織に対しても歯周病や知覚過敏を引き起こす原因にもなります。また顎に対しては顎関節症を引き起こす事もあります。全身的な悪影響としては頭痛や肩こり、倦怠感などを引き起こすことがあります。


歯軋りの原因には習慣性のものや子供特有の事情によるものがありますが、もっとも原因として多いとされるのがストレスです。 そのストレスを睡眠中に無意識に食いしばることで解消しているものと考えられています。就寝中の食いしばりは食事での噛む力と比べても比較にならないくらい強い力がかかっているのです。たかが歯軋りと考えずストレスフリーな生活を心がけ、ナイトガードというマウスピース等を使った治療を積極的に受けるようにしましょう。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。