〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

マハロ会が推奨する歯に優しいMI(Minimal Intervention)治療とは?

2021年08月02日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

マハロ会が治療の際に最も重要視しているMI治療の概念について解説いたします。

MI(Minimal Intervention)治療とは最小限の浸襲という意味で最小限の治療で最大の結果を出すことを意味します。それはどういう事かというと「出来るだけ歯を抜かない」「出来るだけ歯の神経を抜かない」「出来るだけ歯を削らない」ということで歯の治療においては最も重要なことです。歯は削れば削るほどダメージがきますし抜いた歯や神経は元に戻らないからです。そのような治療を繰り返すことで歯の健康寿命が短くなることを我々歯科医療従事者は知っているからです。

しかしそうは言っても進行してしまった虫歯や歯周病を治療する際、進行度に応じた適切な治療をしなくてはなりません。初期の段階での治療への介入と進行してしまった段階での治療への介入では当然、治療の侵襲度合いは変わってきます。その中でもマハロ会は各段階でのMI治療を心がけて日々の診療にあたっておりますがMI治療で最も大事な事は早期発見、早期治療です。そのためにも痛くなくても定期的に歯医者に通い、検診や予防のためのメンテナンスを受ける習慣をつけてもらいたいと思います。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。