〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

入れ歯を入れて噛むと味がしないって本当?

2022年03月10日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

入れ歯を初めて使った人で味を感じにくくなったという方、いらっしゃいませんか?味を感じにくくなる要因として加齢による味覚障害など様々なものがありますがそのひとつに入れ歯による味覚障害というものもあります。


これにはいくつか理由があるので、今回は入れ歯と味覚について解説致します。

味を感じるのは舌だけだと思われがちですが、味を感じる細胞(味蕾)は舌だけでなく、上あごや頬などの粘膜にも存在します。入れ歯を入れることでそれらの部分が覆われることで味蕾に味が届きにくくなり味を感じにくくなるというわけなのです。それは1〜2歯欠損の小さい部分入れ歯なのか総入れ歯なのかによっても味の感じ方は変わってきます。入れ歯で覆われる面積が増えれば増えるほど味覚が落ちていくということになるからです。

入れ歯による温度感覚の阻害も味覚障害の要因となります。温かいものはその温度で食べた方が美味しく感じるわけですが一般的な入れ歯の素材はレジンというプラスティックのような素材でできており、それを入れることで温度を感じにくくなり味が落ちるというわけなのです。

保険の入れ歯

また、その他の要因としては入れ歯の異物感による心理的な味覚障害も考えられます。味を感じようとすることより異物感のほうが勝ってしまい味を感じにくくなるという現象です。それは入れ歯を入れたばかりの時や噛み合わせの調整がうまく行っていない時に起こりがちです。

自費の入れ歯

入れ歯を入れて味が感じにくくなることは、ある意味しょうがない部分も有りますが噛み合わせの調整をきちんと最後までして入れ歯に慣れていただく、自費治療になってしまいますがレジンという素材ではなく金属でできた入れ歯を作るなどで温度を感じやすく、また覆われる面積を最小限にすることで味を感じやすくする方法もございます。現在お使いの入れ歯で以上のようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。