〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

口腔カンジダ症とは

2022年04月28日

そもそもカンジダ菌とは、カビの一種で、もともと口の中に存在する口腔常在菌ですが体の免疫力が低下したときに日和見感染症として口腔カンジダ症を発症させる場合があります。日和見感染症とは通常であれば病原性を発揮しない病原体が、身体の抵抗力が弱っている時に病原性を発揮しておこる感染症のことを言います。ステロイド薬や抗生剤を長期内服している患者さまにおいても常在菌のバランスが崩れることでもよく見られる現象でカンジダ症の中でも口腔内にできるものを口腔カンジダ症と言います。


症状は舌や頬、歯肉などの口の粘膜に白い苔のようなものが付着します。これはガーゼなどで拭うことができますが剥がすと赤く腫れ、場合によって出血や痛みを伴う場合があります。逆にこすっても剥離しないものは白板症といって悪性化する可能性が高いため注意が必要です。
また口腔カンジダ症は舌がピリピリと痛くなったりする舌痛症の原因になったり味覚がおかしくなることもあります。
また、口角が赤く切れたりする場合もありますがこれが両側性に出現するとカンジダによる可能性が大となりますので検査をおすすめします。
最近、外来でお見えになる患者さまで原因がよくわからない痛みを訴えられることがありますがカンジダによるものも一定数含まれるものと思われます。すぐに不定愁訴で片付けるのではなく医療従事者はその可能性なども含めて診療に取り組んでいかなければなりません。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。