〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

口腔リテラシーを上げて年収アップ?歯並びと経済の相関性

2022年02月15日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

欧米人は体型だけでなく歯並びや口臭に対しても高い意識を持って様々な対策をしています。それは欧米社会の中でエグゼクティブと呼ばれるような方々はそれらのことをコントロールできないと自己管理能力がないと見なされ私生活がだらしないと仕事もできないと判断されるからなのです。


日本では「人間は外見より、中身が大事」と言われてきましたが確かに中身は大事ですが外見に無頓着すぎるのも良くないことは確かです。外国の調査研究によると見た目と年収に相関性があるなど興味深いデータもあります。今から数年前にNHK・Eテレ「オイコノミア」が「美しくなる経済学〜美しさの価値って?〜」の番組の中で米国テキサス大学の教授らによるデータを公表しました。それは「外見のいい人は、外見の劣る人より所得が17%高い」というものです。同様の調査結果に他の米国の機関からも報告されたもので「外見が優れている人は、生涯収入が12%上昇する」という調査結果もあるそうです。
その要因として考えられるのは、外見がいいと自己管理が出来ていると思われる、言動に自信がある、その結果コミュニケーション能力が高くなり、仕事上での評価が高まる。それが高収入につながると考えられます。欧米ではこのような理由で外見を気にする人が多いのです。では欧米で言われる外見の良さとは何なのか、それは太っているか、そうでないか、歯が美しいか、そうでないかという2点です。肥満の度合いは日本人は欧米に比べそれほどではありませんが歯が美しいか、そうではないかについては日本人は歯並びに関して無頓着すぎるという不名誉な評価を得ていて多くの外国人は日本人に対して歯並びが悪い、口臭が臭いなどと感じている人が多いという調査結果があります。顔の印象は歯で決まると言われています。グローバル社会の中で外国の方とコミュニケーションを取る機会は今後ますます増えていくことでしょう。そんな時、歯並や口臭に気を使うことは最低限のエチケットになるのではないでしょうか



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。