〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

外科処置後の痛みを和らげ治癒を促進する再生療法〜CGF療法とは

2022年02月04日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

インプラント治療や親知らずの抜歯等の外科処置において術後の痛みを和らげ治癒促進の効果を高めるために患者さまの同意のもとにCGF再生療法を行う場合があります。
CGF再生療法はConcentrated Growth Factorの略称で直訳すると凝縮された成長因子を使った再生療法ということになります。私たち人間の身体にはケガなどで出血した際、出血を止め傷を修復するシステムが備わっています。
この働きを担うものがフィブリンと呼ばれるものです。この役割を果たす凝縮したファブリンゲルを患者さんの血液から専用の遠心分離機を用いて抽出しインプラントの箇所や親知らずの抜歯窩に添加する事で傷の

血液を採取
採取した血液を遠心分離器にかける
Concentrated Growth Factor

治りを劇的に良くするまさに魔法の治療法なのです。また、このフィブリンゲルは自分自身の血液から生成されたものであるため免疫応答などの点でも非常に高い安全性が担保されているということが言えます。
CGF療法は歯科医療の現場において広く用いられ安全、安心な最先端の再生療法でインプラントや親知らずの抜歯などの外科手術を行う際は術後の痛みの軽減や治癒の促進を目的とした利用が増えています。しかしCGF療法に用いるフィブリンゲルを抽出するための遠心分離機を設置している歯科医院は非常に少ないのが現状です。当院ではCGF療法に対応しておりますのでこれらの外科手術を控えている患者さま方でCGF療法にご興味がある方はお気軽に八潮市のLeaLea歯科・矯正歯科クリニックのスタッフまでお声がけください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。