〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

048-998-7821
インターネット予約

TOPへ
戻る

ブログ

妊娠中の歯のケアのポイント❣️

2021年02月21日

こんにちは、八潮の歯医者、lealea歯科矯正歯科クリニックでございます。本日は妊娠期の虫歯、歯周病リスクについてとケアのポイントについて解説いたします。
妊娠すると様々な原因でむし歯や歯周病のリスクが高くなりますが、適切なお口のケアによって予防することができます。妊娠期のお口の健康に関しリスクを充分理解し対策する事で安心して出産を迎えてほしいと思います。

妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが上がります。



妊娠中の歯の健康リスク

①妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、プレボテラ・インターメディアという歯周病菌が増えます。

② 唾液が粘っこくなり口の中の自浄性が低下することで歯肉炎をおこし出血しやすくなります。

③ いっぺんにたくさんの量を食べられなくなるので食事や間食の回数が増し口の中が酸性になり虫歯になりやすくなります。

④つわりにより歯ブラシが充分出来なくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

妊娠性歯肉炎

妊娠中の口腔ケアのポイント

① 食事や間食の回数が増すので、食後の歯みがきやうがいをこまめに行うようにしましょう。

②つわりで歯ブラシが困難になる場合があるので気分のよい時に歯みがきを行うようにし、どうしてもみがけない時はぶくぶくうがいだけでもしましょう。

③歯ブラシをヘッドの小さなものに変えるなど工夫が必要です。かかりつけの歯科医に相談してみましょう。

④食の嗜好も変わりやすくなります。糖分の高い飲食物や酸性食品をだらだら食べることは控えましょう。

妊娠中こそ虫歯、歯周病対策を

カテゴリー