〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

妊娠中の歯やお口のトラブルとその対処法について

2021年05月04日

妊娠中に起こる歯やお口のトラブルとその対処法について解説したいと思います。
妊娠中に見られる歯やお口のトラブルには以下のようなのがあります。

妊娠性歯肉炎

① つわりなどで気分が悪く、歯みがきができない
② 食事の回数が増えて、汚れが溜まりやすくなる
③ 唾液が粘っこくなる
④歯肉に腫れや出血が出やすい
⑤冷たいものや熱いものがしみる

これらの症状には女性ホルモンが大きく関係しております。具体的に言うと妊娠中は女性ホルモンが急激に増加することで、プレボテラ・インターメディアという歯周病菌が増殖し、また血管の透過性が高まり、唾液の粘性が高まることで口の中の自浄性が低下します。また、つわりなどによる食嗜好の変化や歯みがきができない、食事回数の増加などによってお口の清掃が不足することなどによって、妊娠中はむし歯や歯周疾患のリスクは高くなるのです。

対処としては

妊娠中は、これまで解説してきたようにむし歯や歯周病のリスクが高くなることを意識し普段以上に気を付けてもらうことが大切です。
食事や間食の回数が増すので、食後の歯みがきやうがいをこまめに行うようにしましょう。
つわりの時には、できるだけ気分のよい時に歯みがきを行い、どうしてもみがけない時はぶくぶくうがいだけでもしっかり行いましょう。ヘッドの小さな子供用の歯ブラシを使うと口の中に入れた時の気持ち悪さが軽減されるので是非試してみてください。
食の嗜好も変わりますが糖分や酸性度の高い飲食物をだらだら食べることは控えましょう。

糖分の高い食べ物のダラダラ食いはやめましょう
歯ブラシのヘッドの小さいものに変えてみては?

以上が妊娠中に歯やお口の健康を損なわないポイントです。リスクを理解して対応していく事は大事ですね。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。