〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

子供の矯正はいつ頃から始めたら良いのでしょう。

2022年03月24日

子供の歯並びが気になって矯正治療を受けさせたいがどのタイミングで受けるのが良いか迷っている保護者の方も多い事と思います。今回は小児矯正を始めるタイミングについて解説したいと思います。まず小児矯正は子供の成長にあわせて治療内容も変わるので一期治療と二期治療 の2つのステージに分けて考えます。

1期治療は、第一大臼歯が生え始め、永久歯が生え揃う6歳ごろから12歳ごろまでの混合歯列期(乳歯と、永久歯が混在している時期)と言われる時期に行われる小児の矯正治療を指します。


1期治療の目的は、あごの成長を正常に促し永久歯がキレイに生えそろうよう導いていくことです。
具体的にはあごの成長や舌の動きをコントロールする装置を入れて歯並びに悪影響を及ぼす口腔習癖(頬杖・口呼吸・指しゃぶり・爪をかむこと等)を改善しあごの大きさを整え永久歯がキレイに並ぶようスペースを確保することです。
この時期に適切な治療を行うと、1期治療のみである程度キレイな歯並びを獲得でき2期治療に移行した際に楽に行えるようになり後々抜歯しなくても歯列がきれいに整うことなどが期待できるようになります。
永久歯が生え揃う小学校卒業、中学入学の時期から2期治療に入ることになりますが2期治療の目的は、大人の歯科矯正と同じく歯並びを整え、咬み合わせを改善することで矯正方法や装置等も大人と同じです。具体的にはワイヤーやマウスピースなどの矯正装置を使い永久歯を動かし歯並びや噛み合わせを整えることになります。

歯並びに関してはご家族やご本人の目指すゴールによって1期治療のみで終了する方、1期治療の後に2期治療へと移行する方、1期治療は受けなかったが、歯並びの悪さがやっぱり気になり2期治療からスタートする方、様々なケースがある事と思いますがお子様の歯並びが気になったら、とりあえず相談だけでも早く受けられると患者さんの状態によってより適切なタイミングでの矯正治療の提案をうけることができます。八潮の歯医者、LeaLea歯科矯正歯科クリニックでは日本矯正歯科学会認定医の資格を持つ歯科医師による無料相談を随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。