〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

寝る時は入れ歯を入れたままの方が良いのか、はずした方が良いのか、どっちですか?

2022年03月18日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

入れ歯を入れている患者様から寝る時は入れ歯を入れたままの方が良いのか、はずした方が良いのか、どっちですか?という質問をお受けすることがあります。
答えはケースバイケースと言えます。

入れ歯を入れたまま、寝る場場合のメリットは本来の噛み合わせが保持された状態で就寝することになるので顎の位置関係が普段と変わらず調和した状態が維持できるため顎関節などにも負担をかけることがありません。とくに残存歯が少ない場合は入れ歯を入れていなければ噛み合わせが不安定になるため入れ歯をしたまま寝るようにお話をしています。
デメリットとしては寝ている間のお口の中は、ただでさえ細菌が繁殖しやすい状態になっていますが入れ歯を入れたまま寝ると更に細菌繁殖しやすくなります。ですから入れ歯を入れたまま寝る方は就寝前に入れ歯洗浄剤で入れ歯をよく除菌をしてから入れ、また朝起きたらきれいに洗ってから装置することを心がけましょう。
入れ歯を外して就寝する場合のメリットは入れ歯という異物がお口の中にないのでストレスを感じることなく眠れるということです。
患者様によっては入れ歯が入っていると寝られない方もいらっしゃるのでその時は外して寝るように指示します。また外している間、きれいな水などに浸しておけば入れ歯を清潔に保てるなどがメリットとなります。

デメリットは残存歯が少なければ少ないほど入れ歯を入れておかなければお互い噛み合う歯がないため噛み合わせが不安定になり顎関節などにも負担がかかるようになることです。
このように患者様の歯の残存状況などによって様々なケースがありますので、お気軽にお問い合わせください。

八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。