〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯の神経を抜くと歯はどうなるの?

2021年09月22日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

虫歯がひどくなり神経を抜く治療をしたら歯はどうなるかということについて解説いたします。

歯の神経を抜いた事によるデメリットは以下のような事が考えられます。
①歯の質が脆くなるため割れやすくなります。
②歯の色がだんだん変色して黒ずんできます。
③神経治療後の経過が悪いと歯根嚢胞を形成します。
④神経が無いので痛みを感じることができず虫歯などの異常に気づくのが遅くなってしまいます。


一般的に神経治療終了後に全体的に被せるのは①を解消し歯が割れないようにするための処置になります。
②の理由で審美的に綺麗に治したいのであればセラミック系の材質のものを使用して被せたら①も②も解消することができます。③④については定期的な検診の中で診てもらっておけば安心ですね。
いずれにしても神経を抜かなければならないほどの虫歯を作らないということが肝心で、そのためには自宅でのホームケアと定期的な歯科医院でのプロフェショナルケアをしっかり行ってもらうことが重要なのです。人生100歳時代が到来しようとしている中、若いうちから予防の習慣をつけておくことをおすすめします。予防歯科のご相談は当院までお気軽にお声掛けください



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。