〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯を修復する際の土台、ファイバーコアとメタルコアの違い

2021年09月21日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

虫歯治療の最終段階で被せ物をする前に歯を補強する土台の材質について解説いたします。一般的にはグラスファイバーポストで補強したプラスチックレジンの土台であるファイバーコアと金属でできたメタルコアの2種類があります。昔はメタルコアの使用が多かったのですが最近では、ほぼファイバーコアを使用することが多くなってきました。それはメタルコアに比べてファイバーコアのほうが材質的に優れている点が多いからです。では、メタルコアに比べてファイバーコアが優れている点とはなんでしょう?

①硬さや弾性が歯に似ているので歯が割れるリスクが低い。
②光の透過性があり審美性に優れている。特にオールセラミッククラウンを被せる場合、中の土台をファイバーコアにする事でより自然な仕上がりにすることができる。
③金属アレルギーなどの心配がない。
④歯茎の色を黒変させない。

等がメリットとして挙げられます。歯科治療で使われる素材は日進月歩で良いものが出ています。強度も審美性も兼ね備えたファイバーコア、当院では長く使う大事な歯の治療にファイバーコアをおすすめしています。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。