〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯周ポケット検査で何がわかるの?

2022年03月01日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

歯医者で「歯周病の検査をしますね」と言われプローブという器具を使用して歯ぐきの中の状態を調べられたことのある人、いらっしゃると思います。歯茎の検査をすることで何がわかるのかというと歯周ポケットの深さを測ったり、歯茎からの出血の有無を調べることで歯周病の進行状態や回復状態をチェックすることができるのです。

歯周ポケット検査


歯周ポケットが2ミリ以内は正常、3〜6ミリは初期から中等度の歯周病、6ミリ以上は重度の歯周病と歯周病の進行度合いのおおまかな目安となります。歯周ポケットは深くなるにつれその溝の部分にプラークや歯石が溜まりやすくなりプラーク中の歯周病菌が出す毒素によって、歯肉は炎症を起こしやすくなります。そして歯肉の炎症がさらに大きくなると歯周病菌が歯を支えている骨を破壊し始めるため最後には歯が抜け落ちてしまうという結果になります。

健康な歯肉と歯周病の歯肉

よって歯周病予防のポイントは歯周ポケットを2ミリ以内に保ち歯周ポケット内をご自身で清掃しやすい状況をつくっておくことが重要なのです。深くなってしまった歯周ポケット内の清掃はご自身では出来なくなるので定期的に歯科医院でクリーニングを受けると良いでしょう。このようなことを継続しているうちに深くなった歯周ポケットも改善して浅くなってきます。定期的に歯周ポケットの検査を受けて改善の実感を感じながら歯周病予防をすることは継続へのモチベーションとなることでしょう。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。