〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯周病を本気で防ぐには

2021年12月05日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

本日は歯周病を本気で防ぐにはどうすれば良いか解説していきたいと思います。


結論から申し上げるとプラークコントロールをしっかり行い、タバコや歯ぎしりなど不良な生活習慣を排除し、糖尿病などがある場合はしっかり内科的にコントロールされている状態にもっていくということです。歯周病の大敵は歯垢や歯石、バイオフィルムなど、虫歯菌や歯周病菌の集合体です。これがしっかり取り除かれていることをプラークコントロールされている状態と言いますが実際、プラークコントロールがしっかりなされている方は少ないのが現状です。「いや、わたしはしっかり歯磨きをしているから大丈夫」という方でも磨き残しはあります。我々、歯科医療従事者のようなプロでも歯ブラシだけでの歯垢の除去率は60%くらいということが定説になっています。磨いていると磨けているは違うということをまず理解しなければなりません。そこで重要になることが定期的に歯科医院でチェックしてもらい個人個人に応じた歯磨きの方法を教えてもらい日々実践することです。

プラークコントロールには歯ブラシの他、歯と歯の間を磨くデンタルフロス、歯間ブラシなどを使用し物理的に取り除いていきます。しかし、歯垢の段階なら歯磨きで除去できますが、粘着性の高いバイオフィルムや硬くなった歯石のような状態になるとご自身では除去できなくなります。そこは定期的に歯科衛生士による専門的な器具を使用して除去していきます。
歯周病を本気で防ぐためには、患者さんの協力がなければ成り立ちません。歯科医師と二人三脚で予防をしていき人生100歳時代をいつまでもご自身の歯で美味しく食事ができるようお手伝いを是非させてください。スタッフ一同、笑顔でお待ちしております。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。