〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯周病治療の進め方

2022年04月08日

歯周病治療の進め方について解説いたします。まず歯周病の現状を把握する為に初診時にはお口全体のレントゲン写真を撮影し歯槽骨の状態を大まかに確認します。そして歯周ポケットの深さ、歯肉の状態、出血の有無、動揺度、プラークの沈着状態等を総合的に検査し歯周病の進行度を判定します。


初回には歯肉縁上歯石と呼ばれる表に出ている歯石をハンドスケーラーや超音波スケーラーなどを使いおおまかに除去していきます。
その2〜3週間後に再度、歯周検査を行い効果の判定をしたのち今度は歯肉が引き締まって新たに表に出てきた歯石と歯肉縁下歯石といって歯肉に元々隠れていた歯石を除去していきます。


そして全ての歯石が取り除かれた約1ヶ月後に歯肉の精密検査を行い、最終的な効果を判定し歯周病が安定したことを確認できたら歯周病安定期治療に入り3ヶ月に1回のペースで歯周病の継続的な管理に入っていきます。その際も毎回歯周検査を行い効果を判定しながら歯周病安定期治療ではPMTCといって歯科衛生士が専門の器具を用い歯についた歯石の前段階とも言えるバイオフィルムという細菌の集合体を除去して歯をツルツルの状態に磨き上げていきます。

これを継続することで歯周病を防ぐことができます。もちろんホームケアもしっかり行ってということが前提になりますが歯科医院で定期的に専門的のクリーニングを受けることであなたの歯の健康は守られます。歯を失う原因の大部分が歯周病によるものなので歯周病対策をしっかり行うことでご自身の歯で一生楽しい食生活を送ることができるのです。まだ歯周病予防を行っていないという方も今からでも遅すぎることはありません。お気軽にご相談ください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。