〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯石のつきやすい場所とは?

2021年07月22日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

歯周病の天敵、歯石のつきやすい場所について解説したいと思います。
歯石は唾液中のカルシウムやリンの成分が歯垢に取り込まれ石灰化したものです。よって唾液に触れやすい場所に歯石はつきやすいという事になりますが、まず下の歯では前歯の裏側、ここは舌下腺、顎下腺という唾液腺の開口部があります。上の歯では奥歯の頬っぺた側、ここには耳下腺といわれる唾液腺の開口部があります。

この2か所に特に歯石がつきやすい傾向にありますのでセルフケアの際は特にこの部分の清掃を念入りに行う必要があります。しかしセルフケアだけではできてしまった歯石を取り除く事は出来ませんので歯科医院で取り除いてもらいましょう。更に言わせていただくと予防歯科を成功させるためには歯石ができてから取り除くのではなく歯石になる前のバイオフィルムの段階で定期的に清掃を受けることをおすすめします。人生100年時代を健康的に過ごすためには歯の健康が不可欠です。予防歯科はまだ始めてないという方も是非はじめましょう、本気の予防歯科!



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。