〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯磨き後のうがいはしすぎないことが重要です。

2021年10月19日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

本日は歯磨き後のうがいの仕方について解説いたします。


結論から申し上げると歯みがきの後のうがいは1回だけにして、その後しばらく飲食しないようにしましょう。それは歯磨き剤の中に含まれるフッ素の再石灰化効果により虫歯予防の効果が高まるからで、うがいをし過ぎたり歯磨き後にすぐ飲食をしてしまうと歯みがき剤に含まれるフッ化物が流れて薄くなってしまうという理由からです。
むし歯はむし歯菌が飲食物の中に含まれる糖を食べて酸を作り、この酸が歯を溶かすことにより起こります。これを「脱灰」といいます。一方フッ素は脱灰した歯にミネラル成分を元通りにする再石灰化作用があり歯の表面が強いハイドロキシアパタイトという構造に変わってむし歯になりにくくする作用があります。
虫歯予防のポイントはフッ素入りの歯磨き粉を使用し歯磨き後のうがいは軽めに1回することをおすすめします。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。