〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

知覚過敏でお悩みのあなたへ

2020年12月22日

本日は知覚過敏症状について解説したいと思います。

飲みものや食べものによって歯がシミたこと、ありませんか?それは、知覚過敏症状かもしれません。

その痛み、知覚過敏症かもしれません

Q、知覚過敏症とはなんですか

A、知覚過敏症状は歯周病などが原因で歯茎が下がり歯の根元の象牙質が露出してしまうことで生じる歯のトラブルです。

象牙質には数千本の細かい管が歯の中心の神経に向かっており、外部からの刺激(冷たい飲みものなど) を神経に伝えるため結果として瞬間的に鋭い痛みを感じるようになります。これが知覚過敏症状の正体です。

また、乱暴な歯ブラシで歯茎を痛めたりエナメル質が削れるほど力を入れてブラッシングをすると知覚過敏の原因になります。

他には歯軋りやホワイトニングの後も知覚過敏を起こす事がありますので注意が必要です。

Q、知覚過敏の予防のポイントってありますか?

A、まずは現在の症状について歯科医師にご相談ください。歯科医師が知覚過敏と診断した場合は、正しいハブラシの方法などについて説明を受けてください。

またシュミテクトなど知覚過敏用ハミガキを使用することで、シミるのを防ぐこともできます。当院では知覚過敏の症状がある患者さんにシュミテクトのサンプルを差し上げています。効果を実感してからお買い求め頂けます。

 



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。