〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

虫歯、歯周病などの口腔疾患とメタボリックシンドロームの関係性

2021年06月13日

虫歯、歯周病などの口腔疾患とメタボリックシンドロームの関係性について解説いたします。
一見、虫歯や歯周病がメタボリックシンドロームとどう関係があるの?と思われる方も多いのではないでしょうか?


メタボリックシンドロームとは「内臓脂肪症候群」と言われ内臓のまわりに脂肪が過剰に蓄積しさらに高血圧、高脂血省、高血糖のいずれか2つ以上を併せもった病態のことをいいます。これらの状態をさらに放置すると最終的には脳卒中や心不全などの重篤な状態になり死に至ります。ただ、このメタボリックシンドロームは、いきなり重篤な状態になるわけではなく不良な生活習慣から発生し徐々に進行することがわかっており、その原因のひとつに虫歯や歯周病などの口腔疾患が関与しているということがわかってきました。何故、虫歯、歯周病があるとメタボリックシンドロームに発展していくかを解説しますと虫歯や歯周病が原因でよく噛めなくなるとまず、肉や野菜の摂取量が減りタンパク質やビタミンが不足してきます。一方、食べやすいうどんなどの炭水化物系の摂取量が増えメタボの原因を作っていきます。また早食いになることも食べる量自体が増えメタボになりやすくなるのです。
メタボにならない為には丈夫な歯を持ち、バランスの良い食事を良く噛んで食べるということが非常に大切なことなのです。食は健康の基本です。適度な運動や良質な睡眠などとともに普段から良い生活習慣を心がけておけばメタボリックシンドロームをメタボリックドミノの上流の方で食い止めることができるのです。健康は失ってから取り戻すのは大変です。健康なうちからそれをずっと維持していくという考え方にシフトしていかなければなりません。そのためにも予防歯科を是非始めましょう。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。