〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

要介護高齢者の口腔ケアのポイント

2022年01月31日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

本日は要介護者の口腔ケアのポイントについて解説いたします。要介護高齢者の口腔ケアをするうえで何の目的でおこなっていくかを明確にして行うことが大切です。ただお口の中を綺麗にすれば良いというわけではないのです。

目的のポイントとしては2つ、感染予防と口腔機能の維持です。感染予防のためにお口のなかを清潔に保つ口腔ケアを「器質的口腔ケア」、後者は「機能的口腔ケア」と呼ばれ、どちらも口の健康だけでなく、全身の健康維持につながる大切なものです。要介護者のお口の特徴としてまず健常者に比べ自浄性が圧倒的に低下しておりその上、ご自身で綺麗にすることができないという事情があります。
お口の中が不潔な状態のままだと虫歯や歯周病が悪化するだけでなく口の中で細菌が増殖し、それらが気管から肺に入ることで誤嚥性肺炎を発症させてしまいます。その上、要介護高齢者は栄養状態も良くないことが多く免疫力も低下しているので重篤化しやすい状態にあります。昨今、高齢者の死亡原因に肺炎が多くなっているのはそのためなのです。
またお口には美味しく食事をとったり、家族や友人とコミュニケーションをとるなど人間らしい生活を送るために欠かせない機能があります。口腔機能が落ちてくるとそのような人間として当たり前の生活が困難になってきてそれがきっかけでさらに意欲が低下し、身体機能だけでなく、うつや認知機能の低下といった問題も発生させます。
これらの問題を解決するためには専門的かつ継続的な口腔ケアが必須となります。
医療、介護従事者は器質的口腔ケアと機能的口腔ケアによって、お口の健康を守り全身の健康を守っていくという視点で口腔ケアを行う必要があります。ですからただの歯ブラシだけしていれば良いわけではなく専門家と患者さまの身体事情や生活背景などの特性にあわせカスタマイズされた口腔ケアのプランを作って実践する必要があります。周りにそのような方がいらっしゃりどうしたものか困ってるというご家族の方や介護従事者の方がいらっしゃいましたら八潮市のLeaLea歯科・矯正歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。