〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

部分入れ歯の鉤歯は虫歯や歯周病にかかりやすいので要注意!

2021年09月07日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

部分入れ歯の鉤歯が虫歯や歯周病になりやすいことについて解説いたします。そもそも鉤歯とは何かということをまず説明しなければなりませんが鉤歯とは部分入れ歯を入れる時に支えになるバネがかかる歯のことです。

鉤歯は構造上、食べかすや歯垢が溜まりやすく、また入れ歯に加わる力を支えなければならないため虫歯や歯周病が進行しやすくなるというわけなのです。入れ歯の安定に重要な役割を果たしている鉤歯の寿命を延ばすためには毎日のブラッシングと定期的な歯医者でのケアが大事なのです。


そして入れ歯を長く使用していくと金属のバネが緩んだり折れたり、変形したりすることがあります。それをそのまま放置して使用すると鉤歯に余計な負担をかけることになりますので、定期的に歯科医院で入れ歯の調整を受けることが大切です。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。