〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

80才になった時、自分の歯はどのくらい残っているのでしょうか

2020年12月15日

おはようございます。八潮市の歯医者、LeaLea歯科・矯正歯科クリニックでございます。

 

本日は世界の80才時における歯の残存本数と定期検診受診率の相関性についてお話しします。

定期的に歯医者に通う人ほど歯の本数が多く残ることがわかってきています。次のグラフでみられるように予防先進国のスウェーデンやアメリカでは80才になっても多くの歯が残っており特にスウェーデンでは日本歯科医師会が目標としている80才で20本の歯を残そうという8020運動をすでに達成しています。

それに対して日本はどうでしょう?

世界の80才時における歯の残存本数

残念ながら日本の80才は8本の歯しか残っていないのです。

それは何故でしょう?次のグラフがその答えです。

世界の予防歯科受診率

スウェーデンやアメリカの人は予防歯科に通う習慣がありますが日本ではまだまだ予防歯科が定着していない事がその理由なのです。

歳をとって後悔していることのトップは歯医者に定期的に行かなかった事とあります。

まさに後悔先に立たずですね。

歯の健康は失って初めて、ありがたみがわかるもの、貴方も後悔しないよう今から予防歯科を始めましょう。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。