〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

048-998-7821
インターネット予約

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

口角炎の予防法ついて

2021年08月06日

こんにちは、八潮市の歯医者、lealea歯科矯正歯科クリニックでございます。本日は口角炎について解説いたします。口角炎とは口角の皮膚、粘膜にただれや傷ができるものです。


この部位は刺激が多いうえに粘膜が薄く弱いため荒れやすい箇所でもあります。
口角炎ができると口を開けた時に炎症部位が引き延ばされるため痛むようになります。
原因は睡眠不足や食生活の乱れ、ビタミン不足、ストレス、カンジダ症、口角の乾燥などがあげられます。特に口角炎が両側性に出る場合はカンジダ症が疑われますがその場合はカンジダ症の検査をしてもらいましょう。

両側性の口角炎はカンジダ症が原因かも

予防や治療としては
①疲れ・ストレスを溜めない
疲れ・ストレス、体調不良などがあれば免疫力が下がって、細菌やカンジダ菌の感染を起こしやすくなります。

② バランスの良い食生活をおくる。特にビタミンB群を多く摂る。
ビタミンB群が含まれている食べ物としては、
肉類、魚、緑黄色野菜、レバー、牛乳、豆類などがあります。

③口角をしょっちゅう舐めない
舌で口角を舐め過ぎると一時的には保湿しますが脂分がとれてかえって乾燥しやすくなり割れやすくなります。

④口を大きく開けすぎない。
口角炎ができたら口を大きく開けてさらに刺激を与えないようしましょう。

⑤口角が乾いた場合はリップクリームやワセリンなどで保湿でしましょう。

⑥睡眠をしっかり取りましょう。
睡眠をしっかりとり免疫力の低下を防ぐことで、口角炎を予防しましょう。

⑦口角が両側性に割れたらカンジダ症の検査をして陽性ならば抗真菌薬を塗布しましょう。

などがあります。市販の薬でなかなか治らないという方は是非お気軽にご相談ください。