〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯と歯の間の清掃は歯間ブラシとフロス、どちらが良いの?

2021年09月17日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

本日は歯と歯の間の清掃は歯間ブラシとフロスのどちらが良いかということについて解説いたします。先日のブログでもご案内した通り、歯ブラシだけでの清掃では歯科医療従事者でさえも60%の歯垢除去率でしかないということをお伝えしました。歯ブラシでは届かない歯間部に歯垢が残ってしまうからです。そこで必要になってくるのが歯と歯の間を清掃する為の歯間ブラシやフロスということになります。その使い分けは歯と歯の隙間の大きさによります。

歯と歯が密着しており隙間があまりなければフロス、隙間が大きければ隙間の大きさに合わせて歯間ブラシのサイズを選んで使用してみてください。その際、隙間よりサイズが大き過ぎる物を使用するとかえって歯茎を傷つけ歯間乳頭を退縮させてしまう結果になりかねません。また、小さ過ぎる物を使用すると効率的に歯垢を落とすことが出来ないため、かかりつけの医院で選んでもらうと良いでしょう。アメリカでは「FROSS OR DIE」直訳すると「フロスしますかそれとも死にますか?」ということを言われるくらい歯の清掃を辛辣に表現されています。毎日の歯ブラシの後にフロスや歯間ブラシを使って仕上げる習慣をつけましょう。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。