〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

歯の詰め物、被せ物が取れてしまった場合の対処法

2021年05月22日

歯の詰め物や被せ物が外れて取れてしまった場合の対処法について解説いたします。

詰め物、被せ物が取れる原因は接着用のセメントが経年劣化したり、詰め物と歯の間に虫歯が出来たり、歯ぎしり、食いしばり、ガム、キャラメルなどを食べた時など原因は様々です。

とれた場合はその詰め物、被せ物を捨てずに大切にとっておいて下さい。捨ててしまったら、また作り直さなくてはいけません。そしてできるだけ早く歯科医院に持って診察を受けてください。問題がなければそのまま元の場所に接着しなおすだけで治ります。とれてから時間が長く経過しすぎると合わなくなったり、新たに虫歯になった場合はその場合も作り直しになります。

詰め物、被せ物がとれたらすぐにお電話を!

取れた歯は小さな物なのでなくしやすいです。歯医者に行くまでの間、小さなタッパー等の容器に入れてなくさないよう保管してください。ティッシュでくるんで保管する人がいますが、ゴミと勘違いして捨ててしまったり変形あるいは壊れたりする可能性がありますので注意が必要です。

そしてくれぐれもご自身で接着しないようにしてください。ご自分で接着すると歯と詰め物の間にすき間が出来、結果、浮いた状態になるため噛み合わせがおかしくなります。またそこから二次的に虫歯になる危険があります。
以上の点を注意してとれたら速やかにご連絡ください。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。