〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

赤ちゃんの歯を丈夫にするためには

2021年06月08日

本日は赤ちゃんの歯を丈夫に育てる為の心構えについて解説したいと思います。
生まれてくる赤ちゃんが丈夫で健康に育つように願うのは万国共通の親の思いだと思います。健康の入り口である歯の健康作りをどのようにサポートしてあげるのかについてお話しさせていただきます。

赤ちゃんの歯が生え始めるのは生後8カ月前後ですが、歯のもとになる歯胚ができ始めるのはお母さんのお腹の中にいる時からの妊娠7~10週頃と言われています。この歯胚にカルシウムやリンがついて少しずつ硬さが増し歯が出来上がっていきます。
もちろん、歯の発育に必要な栄養素はカルシウムやリンだけでなく、タンパク質やカルシウムの代謝を助けるビタミン D、E、その他のビタミンも様々な栄養素が必要となってきます。妊娠中のお母さんの栄養摂食が赤ちゃんの健康を作っているといっても過言ではありません。特に妊娠中はバランスの良い食事を心がけることが重要なのです。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。