〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(MRONJ)とは-骨粗鬆症治療中の方で外科処置の予定がある方は是非お知らせください。

2022年02月20日

執筆者:日本抗加齢医学会専門医 上村英之

 

骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(MRONJ)は、Medication-Related Osteonecrosis of the Jawの略で骨粗鬆症で治療中の患者さまにおいてビスフォスフォネート製剤(BP剤)や抗RANKLモノクローナル抗体(デノスマブ)などのお薬を一定期間以上服用中に抜歯やインプラントなどの外科処置を行なうと顎骨壊死や炎症がひどくなりあごの骨が細菌感染によって腐ってしまう病気の事です。


MRONJの症状は抜歯後の傷が治らず顎の骨が見えて
強い痛みを感じたり、膿がでることもあり進行すると骨髄炎や顎骨周囲炎、顎骨の欠損に至る場合もあります。とても怖い病気なので骨粗鬆症で治療中の方で外科処置の予定がある方は必ず事前にお知らせいただきたいと思います。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。