〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

親知らずの抜歯について

2020年12月08日

今回は親知らずについて解説致します。

親知らずは20歳前後に一番奥に生えてくる歯の事を言います。
まっすぐ生えてくるケースが少なく斜めや横向きに生えてくるケースが多いため、虫歯の原因になったり歯茎が腫れる原因になったりすることが多いので他の歯より抜歯されることが多い歯ということになります。
親知らずを抜歯するか抜かなくても良い基準とは下記の通りとなります。

 

 

抜いたほうが良い場合

 

1.親知らず自体、または手前の歯も虫歯になっている


2.横向きに生えていて、前方の歯に障害を及ぼしている


3.いつも食べ物が詰まる、歯肉の腫れ、痛みを繰り返している

 

 

抜かなくても良い場合

 

1.親知らずが上下でキチンと生え、咬み合わせも合っている
2.アゴの骨の中に完全に埋まっていて、痛みもない

 

当院には他院からの抜歯依頼の紹介患者も多く、親知らずの抜歯に関しては経験豊富な口腔外科学会認定医、専門医、指導医の在籍するLeaLea歯科・矯正歯科クリニックまでお気軽にお問い合わせ下さい<



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。