〒340-0816 埼玉県八潮市中央 1-29-6

お問い合わせは

048-998-7821

 外来  9:30〜19:00(土17:00)


 往診  9:30〜19:00 

 休診日  外来:木・日・祝、往診:日・祝

             

TOPへ
戻る

レアレア歯科 なぜなに相談室

日本とスウェーデンの「年代別残存歯数」の違い

2020年11月06日


日本とスウェーデンの年代別残存歯数の違い🇯🇵vs🇸🇪

厚生労働省発表の2018年度歯科疾患実態調査で、予防先進国スウェーデンと日本の年代別残存歯数が発表されています。

それによると、80歳で🇸🇪21本vs🇯🇵13本と、なんと8本の差がある事がわかりました。

要因は、とりもなおさずスウェーデンでは子供のころから予防歯科に通う習慣があり、なんと国民の98%が予防歯科を受けているのです。

それに対して、日本ではまだ2%の人しか予防歯科を受けていない。

この事こそが8本の残存歯数の差になっている要因なのです。

 

「年をとったら歯がなくなるのは当たり前」と思わず、予防歯科に通って、ご自身の歯を1本でも多く残し健康で幸福な人生を享受していただきたいと心より思っております。



八潮の歯医者【lealea歯科・矯正歯科クリニック】では、公式Twitterアカウントで歯に関する情報を発信しています!

虫歯や歯周病予防の方法なども紹介していますので、是非フォローしてください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。